新築からリフォームまで快適空間を創造する安佐南区の公宝建設
公宝建設は安佐南区を拠点に、新築、リフォーム、店舗内装の設計・施工を請け負います。福祉住環境コーディネーター資格を所有しているので高齢者向け住宅の改修についてもお気軽にご相談下さい。

介護保険による住宅改修費支給の対象


(条件)
  1. 要介護認定で、要介護(支援)と認定されていること
  2. 要介護(支援)被保険者が実際に居住する住宅の改修であること
    (福祉施設に入所あるいは病院に入院していないこと)
  3. 要介護(支援)被保険者の身体の状況、住宅の状況により必要と認められる改修であること

(支給額)
改修費用(上限20万円)の9割(実質上限18万円)
つまり支給限度額20万円×90%=18万円が支給額の上限になります
また20万円になるまで複数回利用が出来ます
(超過分は自己負担)

(対象となる改修)
  1. 手すりの取り付け
    廊下、浴室、便所などに設置して、移動を助けたり、転倒を予防するものであること

  2. 段差の解消
    居室、浴室、便所、廊下、玄関などの床の段差および玄関から道路までの通路などの段差を解消する改修であること

  3. 床又は通路面の材料の変更
    滑りの防止、被保険者の移動を円滑にするためのものであること

  4. 扉の取り替え
    引き戸への変更など扉全体の取り替えおよび扉の一部の取り替え

  5. 便器の取り替え
    和式便器から洋式便器への取り替え工事であること

  6. 上記に付帯して必要となる改修工事

(申請から支給までの流れ)
  1. まずは当社へご連絡いただければ介護支援専門員(ケアマネージャー)と連絡を取合い、申請書類や改修予定箇所の写真などを準備します    
  2. 申請の手続きが終了すると、市から利用者(被保険者)へ直接、審査結果が報告されます
  3. 審査結果に基づき、改修工事を行います
  4. 工事完了後、工事費の領収書などの書類を提出し工事が適正に行われたかを審査し、改修費の費用が必要と認められた場合、住宅改修費が支給されます

申請から施工、完了の手続きまで当社がケアマネージャーと連携し、
お客様を一貫してサポートいたします




Copyright (c) KOHO Kensetsu All Rights Reserved.